Re:A|リア:リハビリ専門職(理学療法士・作業療法士など)・看護師など医療従事者にむけた情報発信ブログ

Re:A|リア:リハ専門職(理学療法士・作業療法士など)・看護師など医療従事者にむけた情報発信ブログ

Re:A(リア)は医療専門職(理学療法士や作業療法士といったリハビリ専門職や看護師等にむけた情報発信をするブログです。治療・評価・アセスメントなど日々の臨床での悩み事に対する解決や医学的知識・技術の情報などを発信します。

リハビリテーション専門職向け!!学会情報2019

f:id:reaseminar:20180417235317j:plain

2019年学会情報です。

記載のない学会情報もありますのでご了承ください。 

 

 

f:id:reaseminar:20181128215737j:plain

f:id:reaseminar:20181128215750j:plain

f:id:reaseminar:20181128215803j:plain

f:id:reaseminar:20181128215812j:plain

f:id:reaseminar:20181128215823j:plain

f:id:reaseminar:20181128215835j:plain

f:id:reaseminar:20181128215848j:plain

f:id:reaseminar:20181128215900j:plain

f:id:reaseminar:20181128215917j:plain

f:id:reaseminar:20181128215942j:plain

f:id:reaseminar:20181128215953j:plain

f:id:reaseminar:20181128220002j:plain

 

 

@nightが『腰痛と動作分析』にテーマが変わって、姫路、加古川、神戸、明石の4都市で開催決定!!

※姫路開催は終了しております。

奮ってご参加ください(^^♪

f:id:reaseminar:20181009080141j:plain

f:id:reaseminar:20181008235555j:plain


 

お申し込みはこちらから

↓ ↓ ↓ 

rea-atnight

 

 

■□■□Re:Aセミナー開催中!!■□■□

f:id:reaseminar:20180321083213p:plain

Re:A|リア:医療専門職のセミナー

臨床に即した評価・技術・知識を伝達!!

ナイトセミナー4都市で開催!!

 


【2018.12月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016210308p:plain

 

【2019.3月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016211138p:plain

 

SNSもお願いします。

f:id:reaseminar:20180321210842j:plain
Facebookページ
 
f:id:reaseminar:20180321210848j:plain
Twitter
 
f:id:reaseminar:20180321210845j:plain 
Instagram 
 
f:id:reaseminar:20180321210839j:plain
ID:@eyo3005z

セラピストが使うべきPC(パソコン)とは?

どーも♪SHIROです(*'▽')

寒さも増して参りまして。

引き籠りの季節がやってまいりました。

f:id:reaseminar:20181114211714j:plain

 

必要なモノは布団とトイレと…PCですよ!

皆さんのPC事情って、どーしてますか?

 

① 最強デスクトップ一押し!速さが命 派

② 携帯性に便利なネットブック(ミニ)PC 派

③ 本気出したら持ち運びもします!大きいノートパソコン 派

④ PC?そんなのいらねぇよ!携帯オンリー 派

 

さぁ皆さん①~④に当てはまりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は…②です!

f:id:reaseminar:20181114214852j:plain

 

今はsurfaceを使っています。文句ないです。とっても使いやすいです。

f:id:reaseminar:20181114215819p:plain

 

Microsoft Surface コンピューター シリーズ の公式 Web サイト – Microsoft Surface

マイクロソフトさんのHPです。

ひとつだけ…ただひとつだけ使いにくさを挙げさせてください。

クルマの中や電車で使用する際に膝の上で使うのには向いていません。

 

そこで、もうひとつ!

f:id:reaseminar:20181114220245j:plain

AppleさんのMacBookです!

www.apple.com←アップルさんのリンクです。

Appleさんはスタイリッシュ&動作もサクサク!

問題はOSにWindowsデュアルブートする必要があります!

Windows10を買って、外付けドライブからブートキャンプにインストール…

できるかなwww

 

さらに…もうひとつ!

f:id:reaseminar:20181114221126p:plain

www.asus.comASUSさんのHPです。

 

この3つは注目です。

しかし、我々医療従事者は引き籠ろうが、布団を愛そうがパワーポイントは必須です!

パワポないと学会発表できません。

そうなれば、マイクロソフトの製品はオフィス関連のソフト全部入ってますからね♪

他のは買い足してインストールが必要です。

 

今回はマニアックな内容になってしまいました。

もし買い替える方がいたら、参考にしてください。

あくまで、僕個人の好みが強く反映されていますので、ご注意くださいw

f:id:reaseminar:20181114223345j:plain

 

@nightが『腰痛と動作分析』にテーマが変わって、姫路、加古川、神戸、明石の4都市で開催決定!!

奮ってご参加ください(^^♪

f:id:reaseminar:20181009080141j:plain

f:id:reaseminar:20181008235555j:plain


 

お申し込みはこちらから

↓ ↓ ↓ 

rea-atnight

 

 

■□■□Re:Aセミナー開催中!!■□■□

f:id:reaseminar:20180321083213p:plain

Re:A|リア:医療専門職のセミナー

臨床に即した評価・技術・知識を伝達!!

ナイトセミナー4都市で開催!!

 


【2018.12月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016210308p:plain

 

【2019.3月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016211138p:plain

 

SNSもお願いします。

f:id:reaseminar:20180321210842j:plain
Facebookページ
 
f:id:reaseminar:20180321210848j:plain
Twitter
 
f:id:reaseminar:20180321210845j:plain 
Instagram 
 
f:id:reaseminar:20180321210839j:plain
ID:@eyo3005z

開催まで10日を切りました!Anatomy by US echoー最新の解剖学とエコーでの実際の融合ー

いよいよ開催が迫ってまいりました!

12月2日はAnatomy by US echoー最新の解剖学とエコーでの実際の融合ーが開催されます!

f:id:reaseminar:20181016210308p:plain

詳細はこちら↓↓

開催日時 2018年12月2日(日)10時~16時まで(9時30分~受付開始)

開催地 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2‐4-9ブリーゼプラザ ブリーゼタワー8F

 ・四つ橋線西梅田駅→徒歩3分  

 ・阪神梅田駅(西改札)→徒歩5分 

 ・JR大阪駅(桜橋口)→徒歩5分 

 ・JR東西線北新地駅→徒歩5分

費用 受講料:15,000円

  ※ホームページから申込完了後、弊社より振込先の連絡を差し上げます。

   事前振り込みをお願い致します。

 

わたくしごんも楽しみで楽しみで仕方ありません( *´艸`)

解剖学のエキスパート、荒川先生から股関節・膝関節の構造を教えてもらえます!

実際の人体を目の前に解剖を学ばれ教えておられる先生ですので「リアル」な構造を知ることができる機会です!

f:id:reaseminar:20180703212157j:plain



そして工藤先生から、実際のエコーを用いて(協力:コニカミノルタ株式会社様)荒川先生にお伝え頂いた人体の構造を「リアル」に視認できる!

f:id:reaseminar:20180907095338j:plain

更に触察方法からアプローチまで教えて頂ける!!

ここまで教えて頂いて、ものにならないわけがない・・

なんとも贅沢な時間です!!

 

楽しみは当日までとっておきたいですが・・

下記内容をしてくださいます!!

股関節では大腿直筋や腸腰筋などの関係を講義、徒手的に緩める手技などを学べます!

膝関節では腓腹筋、半膜様筋の関係などを講義、触診からリリースする手技まで学べます!

 ・・と一部だけに留めておきます(^^)

当日の内容はもっとすごいですよ!!

 

前回のKinesiologyー膝機能障害の「なぜ?」がわかる 臨床運動学ー

rea.hatenadiary.jp

前回の工藤先生のご講義も大好評でした!!

今回は、前回とはまた違った内容もご講義して頂けます。

この機会に是非っ!!

お待ちしていますm(__)m

 

 

 

 

 

@nightが『腰痛と動作分析』にテーマが変わって、姫路、加古川、神戸、明石の4都市で開催決定!!

奮ってご参加ください(^^♪

f:id:reaseminar:20181009080141j:plain

f:id:reaseminar:20181008235555j:plain


 

お申し込みはこちらから

↓ ↓ ↓ 

rea-atnight

 

 

■□■□Re:Aセミナー開催中!!■□■□

f:id:reaseminar:20180321083213p:plain

Re:A|リア:医療専門職のセミナー

臨床に即した評価・技術・知識を伝達!!

ナイトセミナー4都市で開催!!

 


【2018.12月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016210308p:plain

 

【2019.3月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016211138p:plain

 

SNSもお願いします。

f:id:reaseminar:20180321210842j:plain
Facebookページ
 
f:id:reaseminar:20180321210848j:plain
Twitter
 
f:id:reaseminar:20180321210845j:plain 
Instagram 
 
f:id:reaseminar:20180321210839j:plain
ID:@eyo3005z

恐怖!生活習慣病!

こんばんわ!

ごんです('◇')ゞ

仕事が終わった時のやりきった感ってたまらないですよね。

f:id:reaseminar:20181114202658j:plain

 

仕事終わりは飲み飲み飲み・・

イカロリーの暴飲暴食・・・

f:id:reaseminar:20181114203136j:plain

 

こんな生活続けていたら生活習慣病になってしまいます。。。

f:id:reaseminar:20181114203633j:plain

 

ふぉおおお!

健康診断前・・

やばし!

 

でも生活習慣病は怖い・・

まずは知ることからはじめよう・・。

 

目次

 

 

生活習慣病とは

生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう、英: lifestyle disease、仏: maladie de comportement、独: Zivilisationskrankheit)は、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称である。

生活習慣病 - Wikipedia

 

 

f:id:reaseminar:20181114204223g:plain

生活習慣病とライフスタイル | 健康づくり支援センター

 

日本ではかつて加齢によって発病すると考えられたために成人病(せいじんびょう)と呼ばれていました。

 

しかし1980年代から若者の発症が目立つようになり、その後の調査で生活習慣が深く関与していることが判明してきたそうです。

 

このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として呼び方が変わったみたいです。

 

糖尿病

糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1cHbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。

 

糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。

 

糖尿病患者の90%は2型であり、これは予防可能な病気である。2型糖尿病の予防や軽減には、健康的な食事、適度な運動、適切な体重管理、禁煙が有効である。

 

世界における有病率は9%であり3億4,700万人、世界のDALYの19位を占め(1.3%)、2012年は150万人が糖尿病により死亡した。糖尿病による死者の8割は中低所得国であり、さらにWHOは2030年には世界第7位の死因となると推定している。

糖尿病 - Wikipedia

 

こうやって改めてみると怖いですね・・・。

 

f:id:reaseminar:20181114205114p:plain

 

脂質異常症

脂質異常症(ししついじょうしょう、英: dyslipidemia)は、血液中に含まれる脂質が過剰、もしくは不足している状態を指す。2007年7月に高脂血症(英: hyperlipidemia)から脂質異常症に改名された。

脂質異常症 - Wikipedia

 

血清脂質値とは、血液の中の脂肪分の濃度(濃さ)のこと。

 

血清脂質値が異常でも、通常、症状は現れません。症状が現れないのにもかかわらず、知らず知らずのうちに、全身の血管が傷めつけられます。その影響は主に、動脈硬化となって現れます。

 

動脈硬化が進むと、心臓や脳などの血液の流れが悪くなります。そして、あるとき突然、狭心症心筋梗塞脳梗塞などの発作が起き、QOL(生活の質)が低下したり、ときには命も左右されかねません。

 

f:id:reaseminar:20181114205937j:plain

 

こんなこと聞くと震えが止まりません((((((((´゚д゚`)))))))

 

高血圧

高血圧(こうけつあつ、Hypertension、高血圧症)とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態である。

高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症原因となるので臨床的には重大な状態である。

 

生活習慣病のひとつとされ、厚生労働省(2013年度)は男女共に通院者率の最も高い疾患として公表している(2位は男が糖尿病、女が腰痛)。

 

アメリカ合衆国では1995年に、成人全体の24%には高血圧があり、そのうちの53%の人は降圧剤を服用していた。

日本には4,000万人の高血圧の人がいると推定されている(日本高血圧学会)

高血圧 - Wikipedia

 

 

f:id:reaseminar:20181114210741p:plain

 

 

心配過ぎて夜も眠れなさそうです・・

 

高尿酸血症

高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう、hyperuricemia)とは、ヒトの血中に存在する物質尿酸の血中濃度が異常に高い状態のことである。

具体的数値としては、血中尿酸濃度が7mg/dLを超えると高尿酸血症とする。

DNAの合成に不可欠な物質であるプリン体の産生過剰あるいは排泄低下がその原因である。

高尿酸血症 - Wikipedia

 

f:id:reaseminar:20181114222648j:plain

 

おわりに

 

いかがでしたか?

生活習慣病に気を付けて日々の生活を送りたいものですね。

症例の中には生活習慣病の既往を有している方もおられると思います。

リハビリテーション実施の上でのリスク管理として上記内容の確認や運動療法の提案、医師や看護師、薬剤師への薬物療法の相談などを行ってください!

そしてセラピストも健康でいましょう!

 

@nightが『腰痛と動作分析』にテーマが変わって、姫路、加古川、神戸、明石の4都市で開催決定!!

奮ってご参加ください(^^♪

f:id:reaseminar:20181009080141j:plain

f:id:reaseminar:20181008235555j:plain


 

お申し込みはこちらから

↓ ↓ ↓ 

rea-atnight

 

 

■□■□Re:Aセミナー開催中!!■□■□

f:id:reaseminar:20180321083213p:plain

Re:A|リア:医療専門職のセミナー

臨床に即した評価・技術・知識を伝達!!

ナイトセミナー4都市で開催!!

 


【2018.12月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016210308p:plain

 

【2019.3月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016211138p:plain

 

SNSもお願いします。

f:id:reaseminar:20180321210842j:plain
Facebookページ
 
f:id:reaseminar:20180321210848j:plain
Twitter
 
f:id:reaseminar:20180321210845j:plain 
Instagram 
 
f:id:reaseminar:20180321210839j:plain
ID:@eyo3005z

Re:A@night姫路♪ 開催しました!

@night姫路が11月8日(木)に開催されました。

f:id:reaseminar:20181113213440j:plain

今回より新しいテーマになり、実技も多い内容となっています。

f:id:reaseminar:20181113213444j:plain

 

 

f:id:reaseminar:20181113212552j:plainf:id:reaseminar:20181113212646j:plain

受講者も過去最多となり、講師の立石先生も実技のデモンストレーションや指導に飛び回ってくださっていました。

タテイシ先生‼アリガトウゴザイマス(*'▽')

 

今回の講師からの一言♪

 「痛みが生じる原因が力学的なストレスだけでなく、化学的・温度的ストレスから生じること。それらを踏まえ臨床でどう評価してどうアプローチするかのヒントをお伝えしました。このヒントから是非、臨床に活かして頂ければと思います。」

 

内容としては、痛みのメカニズムを生理学的に解説してくださり、実技を経て臨床への落とし込みとして症例紹介へ繋げてくださっています。

f:id:reaseminar:20181113213449j:plain

 

次回は12月13日(木)@night加古川です。

加古川は、4都市中、最もお洒落なスペースだと思っています。インスタ映えするんです♪

また、今回より@night神戸の会場が変わります。

ご注意くださいね。

 

それでは、今回のBESTショット!!

f:id:reaseminar:20181113213330j:plain

 

@nightが『腰痛と動作分析』にテーマが変わって、姫路、加古川、神戸、明石の4都市で開催決定!!

奮ってご参加ください(^^♪

f:id:reaseminar:20181009080141j:plain

f:id:reaseminar:20181008235555j:plain


 

お申し込みはこちらから

↓ ↓ ↓ 

rea-atnight

 

 

■□■□Re:Aセミナー開催中!!■□■□

f:id:reaseminar:20180321083213p:plain

Re:A|リア:医療専門職のセミナー

臨床に即した評価・技術・知識を伝達!!

ナイトセミナー4都市で開催!!

 


【2018.12月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016210308p:plain

 

【2019.3月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016211138p:plain

 

SNSもお願いします。

f:id:reaseminar:20180321210842j:plain
Facebookページ
 
f:id:reaseminar:20180321210848j:plain
Twitter
 
f:id:reaseminar:20180321210845j:plain 
Instagram 
 
f:id:reaseminar:20180321210839j:plain
ID:@eyo3005z

Re:A night seminar @night姫路 開催します!!

 

f:id:reaseminar:20181107081112j:plain

 

 

対象: リハ職(PT/OT/ST)、看護師etc・・・

開催場所:兵庫県姫路市北条永良町22private shop MOKU 2F

     (姫路市役所より車で5分)

    (詳細:http://moku.ne.jp/

開催時間:19:00~20:15

 

タイトルは『腰痛と動作分析』

 

ぜひ、お誘い合わせの上、お越しください!!

皆様にお会いできるのを楽しみにしております(^^♪

 

 

 

 

【最新更新ブログ】もぜひご覧下さい♪

rea.hatenadiary.jp

rea.hatenadiary.jp

 

rea.hatenadiary.jp

 

 

ついに@nightが開催となります!

テーマは『腰痛と動作分析』!!

姫路、加古川、神戸、明石の4都市で開催決定!!

奮ってご参加ください(^^♪

f:id:reaseminar:20181009080141j:plain

f:id:reaseminar:20181008235555j:plain

お申し込みはこちらから

↓ ↓ ↓ 

rea-atnight

 

 

 

 ■□■□Re:Aセミナー開催中!!■□■□

f:id:reaseminar:20180321083213p:plain

Re:A|リア:医療専門職のセミナー

臨床に即した評価・技術・知識を伝達!!

ナイトセミナー4都市で開催!!

 


【2018.12月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016210308p:plain

 

【2019.3月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016211138p:plain

 

SNSもお願いします。

f:id:reaseminar:20180321210842j:plain
Facebookページ
 
f:id:reaseminar:20180321210848j:plain 
Twitter
 
f:id:reaseminar:20180321210845j:plain 
 
Instagram
 
f:id:reaseminar:20180321210839j:plain 
ID:@eyo3005z

【高齢者四大骨折 その① ~圧迫骨折~】

どーも秋になり食欲の秋で食べ過ぎて、体重計に乗るのが怖いdonです( ノД`)シクシク…

皆さんは体重の急激な増加にご注意ください♪♪

 

f:id:reaseminar:20181017222744p:plain

 

 

前回に引き続き高齢者の転倒に関連する内容をお伝えしています!!

rea.hatenadiary.jp

 関連記事をどうぞ☝♪♪

 

 

今回は、圧迫骨折についてです。

 

 

を中心にお伝えしたいと思います。

 

『圧迫骨折とは?

 

椎体骨折に代表される長軸方向の圧迫による骨折。

屈曲圧迫力により発生し、椎体が楔状変形をきたす。

椎体後縁と椎間関節、椎弓、棘突起及び後方靭帯群は無傷である。

f:id:reaseminar:20181017221514p:plain

 

 『圧迫骨折の特徴』として、

発生率は女性に多いのは骨粗鬆症を有していることが多く、

好発部位が胸腰椎移行部に多いのは、後弯から前弯へ移行する部位で胸椎と腰椎の主な運動方向の違いから最も応力が集中し損傷を受けやすくなっています。

 

f:id:reaseminar:20181017221536p:plain

 

 

 

『脊髄の解剖』 を知ることで、

圧迫骨折で障害されたのが骨だけでなく、そのほかの組織で疼痛が生じるかをひも解くきっかけになりますね。

f:id:reaseminar:20181017221603p:plain

 

 

 

『どんな評価をするのか?』

  • 受傷機転
  • 生活歴・生活習慣
  • 画像評価
  • 疼痛評価
  • 脊柱の可動性や筋力評価
  • 神経学的評価
  • バランス評価

 

 

 『どの画像で何をみたらいいのか?』

『画像所見』

f:id:reaseminar:20181017221730p:plain

f:id:reaseminar:20181017221743p:plain

 画像所見では圧壊の種類・場所、炎症所見はもちろんですが、フォローアップで撮影した画像所見を比較して、受傷後の脊柱の変化,、疼痛の変化をおっていく一助になるかと思います。

 

『圧迫骨折の分類』

f:id:reaseminar:20181017221759p:plain

f:id:reaseminar:20181017222007p:plain

 圧迫骨折は圧壊する形によりタイプ分類されており、予後予測に用いられます。

タイプ分類としてDenis分類や金田分類があげられます。

 

 

『どんな予後なのか?』

 f:id:reaseminar:20181017222047p:plain

圧迫骨折の治癒過程や予後不良因子を知ることは、リハビリ介入時のリスク管理やアプローチを行っていくうえで重要になってきます。

 

 

 

『どんなリハビリが必要なのか?』

 

f:id:reaseminar:20181017222303p:plain

 私自身、主に上記の内容を中心にリハビリ介入を行っています。

 

 

『保存療法』

f:id:reaseminar:20181017222314p:plain

※各病院のクリティカルパスによって安静期間に違いがあります 。

 

 

『装具療法』

f:id:reaseminar:20181017222359p:plain

 

 


『靭帯のレバーアームと筋力強化』

f:id:reaseminar:20181017222450p:plain

圧迫骨折による椎体の圧壊を生じることで、棘間靭帯が緩んだり伸張されてりして、

本来の静的な張力が働かなくなり、脊柱後弯の支持機構としての役割を失います。

なので体幹や下肢の伸展筋群の強化が必要となって来ます。

 

主に下記のようなトレーニングを実施します。

 

体幹・下肢筋力強化』 

f:id:reaseminar:20181017222509p:plain

 

f:id:reaseminar:20181017222529p:plain

 

『肩周囲、前胸部の可動域訓練』

f:id:reaseminar:20181017222546p:plain

 また、脊柱の後弯を予防するためには前胸部の可動性の維持に目を向けることも重要なことだと考えます。特に圧迫骨折の急性期では脊柱にアプローチ出来ないことも多いので早期から介入できることの一つです。

 

 

『日常生活指導』

f:id:reaseminar:20181017222606p:plain

ポイントは積極的に脊柱の過度な屈曲や回旋をしないことが重要です。

 

 

皆さんの臨床の一助になればと思います!

最後までお付き合いありがとうございました。

 

次回は【高齢者四大骨折 その② ~大腿骨頸部骨折~】に続きます( *´艸`)

 

 

 

 

 

次回より@nightが『腰痛と動作分析』にテーマが変わって、姫路、加古川、神戸、明石の4都市で開催決定!!

奮ってご参加ください(^^♪

f:id:reaseminar:20181009080141j:plain

f:id:reaseminar:20181008235555j:plain

お申し込みはこちらから

↓ ↓ ↓ 

rea-atnight

 

 

 

 ■□■□Re:Aセミナー開催中!!■□■□

f:id:reaseminar:20180321083213p:plain

Re:A|リア:医療専門職のセミナー

臨床に即した評価・技術・知識を伝達!!

ナイトセミナー4都市で開催!!

 


【2018.12月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016210308p:plain

 

【2019.3月開催予定】  

f:id:reaseminar:20181016211138p:plain

 

SNSもお願いします。

f:id:reaseminar:20180321210842j:plain
Facebookページ
 
f:id:reaseminar:20180321210848j:plain 
Twitter
 
f:id:reaseminar:20180321210845j:plain 
 
Instagram
 
f:id:reaseminar:20180321210839j:plain 
ID:@eyo3005z